リバウンドしないダイエット方法研究会

リバウンドしないダイエット方法

最強

ダイエットにおける課題の一つとして、リバウンドが上げられますが、このリバウンドに苦しめられて、ダイエットをやめてしまったり、減量が思う様に進まないといった方が見受けられます。

 

ダイエットをするうえで、リバウンドという壁を打ち破るには、リバウンドのメカニズムを知り、リバウンドを乗り越えられる食生活を行うこと。
また、ドカ食いの引き金となる、トレーニングでの追い込み過ぎに注意をすることが効果的です。

 

リバウンドは簡単に解説すると、今までの食事量よりも急激に食べる量が増えたため、余ったエネルギーが脂肪として体に残ってしまうことにあります。
脂肪を残さないためには、必要以上の栄養摂取を控えることが必要になることから、一定の食事制限は必要となります。

リバウンドはなぜおこる?食事制限の影響

リバウンドをおこしてしまう理由はいくつかありますが、主にダイエットを中止して制限していた食事量や、食事内容を元にもどした事によって、エネルギーを消化しきれずに、リバウンドをおこしてしまう事が多くあります。

 

これは、ダイエット中に食事制限をしていたのに、突然食事制限を止める事で急激に糖質を補給して血糖値を上げてしまうところにあります。

 

血糖値が急上昇すると、体内でインスリンが分泌されて血糖値を下げようとします。
この時にインスリンは血糖を分解していき、体のエネルギーとして使う様に体中へ運んでいくわけですが、使われずに余ったエネルギーは脂肪に変えていきます。
この脂肪がリバウンドの原因となっているわけです。

 

さらに、ダイエットを中止して、トレーニングの量も減ってしまっていると、消費エネルギーの量や基礎代謝も低下していくので、リバウンドしやすくなっていき、最後はダイエット前よりも太ってしまっているという事になります。

リバウンドはなぜおこる?停滞期の影響

リバウンドをおこす場合に、ダイエットを中止した時におこる場合が多くあります。
ダイエットの中止自体の理由は人それぞれありますが、大きな理由として体重がなかなか減らない停滞期と、ダイエット中の食事では満腹感が得られないということがあげられます。

 

停滞期は、ダイエットを始めて、だいたい3ヶ月目頃にやってきます。
停滞期の具体的な原理は、ホメオスタシスの機能という体の生命維持装置が発動する事によるものです。

 

この機能は、ダイエットを始めることで食事制限や、食生活の改善をすることで、摂取エネルギーや栄養の低下によって反応する機能で、摂取エネルギーや栄養が低下が続くと体が今までの摂取エネルギーの量よりも少なくなっている事に気づいて、消費エネルギーの量を少なくしていきます。

 

つまり、摂取エネルギーが減ってしまった分、消費エネルギーも減らして体を省エネモードにしてしまうのです。

 

これが、ダイエットを始めて約3ヶ月後に出てくる停滞期の正体です。
この停滞期を乗り越えるとリバウンドせずにすみますが、停滞期に入り体重がなかなか減らない事から、ダイエットを中止してしまい、今までの食事量を元に戻してしまうと、省エネモードの体は摂取エネルギーが増えた事で飢餓状態から脱出し、次回の飢餓状態に備えようと予備エネルギーとして脂肪を今までよりも多く蓄えようとします。
これがリバウンドとなってしまう原因です。

リバウンドを防ぐには?

リバウンドを防ぐには、大きく二つの方法が考えられます。

  • 我慢ができないほどの過度な食事制限は控える
  • 停滞期に入った場合は、食事量が増えない様に気をつける

過度な食事制限は、常に我慢をしている状態です。
ダイエットを行ううえで、食事制限は必要ですが、我慢が出来なければダイエットの意味がなくなってしまいます。

 

そのため、必要最低限の食事量は摂るようにして、更に痩せたい場合は、運動による消費エネルギーで体重を減らしていくようにしていきましょう。

 

停滞期に入ってしまった場合は、食事量が増えない様に注意をしていきます。
これは、停滞期に入っても食事量が安定していれば、体重が増えることはありません。
さらに、停滞期は約1ヵ月ほどで終わり、また体重が減り始めるようになります。

 

そのため、停滞期に入ったら、食事量は増やさずに1ヵ月ほど我慢をしていれば、ダイエットを継続できるのです。
これが、停滞期でも食事量を増やさないようにしておく理由です。

リバウンド予防と睡眠

リバウンドをしないようにするには、良質な睡眠に効果が期待できると言われています。
良質な睡眠は22:00〜2:00を挟む6〜8時間睡眠だといわれて、22:00〜2:00に睡眠を取ると代謝が向上し、体の疲れを取ったり、体の修復活動や免疫を上げたりしていきます。

 

そして、代謝が上がる事により、痩せやすい体になりリバウンドをしにくいダイエット向きの状態へと体を整えていきます。

 

また、6〜8時間の睡眠をとる事で、精神衛生上もよくなりますし、健康的な生活を送る為の生活習慣の改善にも向いています。

リバウンド予防と寝起き

寝起きは代謝を上げる為にコップ1杯の水を飲んで、朝日を浴びる事をおすすめします。
朝日を浴びる事には意味があり、私たちの体内時計をリセットしてくれる効果があるのです。

 

体内時計は25時間きざみであることから、睡眠時間がバラバラになると生活習慣が乱れてしまいます。
朝起きて、朝日を浴びる事で体内時計がリセットされ、夜にはちゃんと眠くなる効果をもっています。

 

この効果は、メラトニンという成分の影響によるもので、朝日を浴びると約16時間後に眠くなるようにセットしてくれる機能があるのです。
その為、睡眠時間と朝の日の光はきちんと浴びておきましょう。

リバウンド予防を考えればダイエットの近道に

ダイエットでは、このようにリバウンドの予防をしていく事で、肥満予防へも繋がっていきます。

 

その結果、太りにくい体へと変化していき、自分の目指す体型へと近づけられるのです。
リバウンド予防をしながら、本来のダイエット方法である食事制限や、トレーニングを実践していく事で、通常のダイエットよりも早い段階でゴールできる可能性が高まります。
仮に時間がかかったとしても、リバウンド予防で太ることは無いので、いずれは成功へと繋がることが想像できます。

 

こうしたリバウンドをしない、ダイエットの失敗をさせない方法を考えれば、ダイエットの成功へと導くことができますので、ぜひ挑戦してみて下さい。
また、期間限定で短期間で痩せたい方にはこちらの短期間で痩せるには、このダイエット方法が効果的!!がおすすめです。

 

このサイトがあなたのダイエット生活の一助となれれば幸いです。