リバウンド しない ため に

リバウンドしないために必要なコト

リバウンドをしないために必要な事は、自分に合う食事方法を継続していくことです。
ダイエットを始める場合、まず最初に食事内容の改善から見直していきます。

 

この時に、どういった食事内容にしていけば、脂肪を減らしていくことができるのかを考えますが、実際にダイエットを開始して食事内容を変更していくと、栄養が不足しているためか、日中に意識がもうろうとしたり、頭がうまく働かないこともあります。

 

この状態が2〜3日であれば、我慢できるのですが、1週間以上続くとストレスになり、仕事の休みの前日にお酒をたくさん飲んでしまったり、ドカ食いをしてしまうという結果になります。

 

しかし、意識が朦朧としているのに食事制限を続ける事は体調不良にも繋がってしまうので、やはりバランスの良い食生活にしていかなければいけません。

 

そうしたときに、食事内容を見直すことで、自分に合う食事内容を見つけていく事が大切になります。

食生活が乱れるとリバウンド

食事内容を自分に合うようにしていかなければ、食生活の乱れとなり、リバウンドをしてしまいます。

 

例えば、過度な食事制限をして始めはうまく行っても、だんだんとストレスがたまり、どこかで必要以上の食事をしてしまったり、食事制限していた食事内容へ戻れなくなってしまうということもあります。

 

そのほかにも、急激な食事制限は、ダイエットの停滞期を呼んでしまうことにもなります。
停滞期は、1ヶ月の間に約5%の体重が失われると、体の生命維持のため、それ以上体重が落ちないように省エネモードに切り替えて、脂肪燃焼を抑えてしまうのです。

 

こういった状況になると、やはり、食事制限をしていても体重が落ちないストレスから、ドカ食いに走ってしまうこともあります。

 

ほかにも様々な状況が考えられますが、食生活が乱れないように自分に合う食事制限や、食事方法を見つける事がダイエット成功への近道ともなっていきます。