リバウンド しない ダイエット 筋 トレ

リバウンドしないダイエットに必要な筋トレとは?

リバウンドをしないダイエットに必要な方法として、筋トレが上げられます。
これは、筋肉をつけることで、基礎代謝を向上させてエネルギーの消費量を増やすことで、常にエネルギーを体に溜め込まない様にすることが目的となります。

 

そのため、筋肉がないと、食事をしたエネルギーが消費されずに脂肪となって体に溜め込んでしまうことになるのです。

 

筋肉を増やさずに、食事量を減らすことで摂取エネルギーを抑える方法もありますが、リバウンドをしないことを目的とする場合は、エネルギーを消費できる体を作ることが必要となるため、筋トレをすることが必要となるのです。

筋トレはどの程度行う?

筋トレは基本的には定期的に行うことが望ましく、ある一定の頻度で筋肉に負荷をかけて刺激をすることで、鍛えられて筋肉量が増えていきます。

 

筋肉には、速筋と遅筋の二種類があり、速筋は瞬発的な爆発力のある筋肉。
遅筋は、低負荷で長時間耐えられる筋持久力のある筋肉となります。

 

男性は特に速筋を、鍛えて体を大きくし、女性は遅筋を鍛えて体を大きくし過ぎずに、引き締まった体を目指すことが一般に望ましいとされています。

 

いずれの筋肉も、負荷を与えていない日常生活においても、エネルギーを自然と消費してくれるので、リバウンド予防をするなら、やはり一定量の筋肉をつけておくことがベストなのです。